ブログ

  • 感謝の意を込めて

    2016/12/29

    今年も残りわずかとなりました。当社は本日で「仕事納め」です。

     

    素晴らしい社員の力添えにより、お客様やスタッフに喜ばれるサービスが出来たように思います。

     

    反省すべきを反省し、来年も前へ進みたいと考えております。

     

    来年は、更に「中小企業様向けの外国人エンジニア人材サービス」を提供できることになりました。

     

    お客様に喜んで頂けるよう、また、外国人のスタッフさんには、技術力を駆使し、企業様に貢献して

     

    頂くように頑張って頂きたいと思っています。

     

    2017年も、何卒ご愛顧賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

     

    佐藤

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • みんなと忘年会

    2016/12/24

    昨夜、忘年会を行いました。その中には他の会社で活躍している方や、

     

    今現在、当社で活躍されてるスタッフもいました。仕事の話しや恋愛話し、

     

    離婚後の話しなど、話は多岐にわたり、非常に盛り上がりました~笑

     

    皆が互いに関わりを持って、これからも助け合いながら関わりを持てればいいなと思います。

     

    人生一人では何もできません。個々をさらにサポートできる会社になり、皆から

     

    支持され、喜ばれる会社になることが肝要かと。決意新たです!!

     

     

     

     

     

     

     

     

  • 磨けば光る「当社の社員」

    2016/12/20

    当社の社員は、「自主性」があり、「前向き」に仕事をしております。これは自信を持って

    言えます。なおかつ「誠実」です。しかし、経営、若しくはマネジメントはまだまだ未熟です。

    スキルをさらに開発し、その技術を体得できれば素晴らしい経営者、人間になると思っています。

    一般的に個々の価値観や信条を変えることは不可能です。なぜならこれまで育った環境や、

    出会った人たち、などに影響を受け、無意識に色んな物事に対する「解釈」があるからです。

    その解釈は本人の「考え方」からくるものです。

    単純な例ですが、今月60名の登録者があったとします。

    Aさんは60名もある!何とかしないとと考え、Bさんは、60名しかいない!これは厳しい…と考えます。

    (実は今の時代、一つの事業所で60名登録は非常に多い方なのです)

    さて、Aさん、Bさん、どちらの考え方が結果を残す可能性が高いでしょうか?

    こんな風に、たとえ色んな技術や方法を教えたとしても本人の「解釈」によって、

    どうにでも転ぶのです。いかに正しい「解釈」「選択」が出来るスキルになるか、が、

    解決すべき課題なのです。

     

     

     

     

  • ふたつの出会い

    2016/12/20

    年末まで残りわずかとなりました。

     

    この時期は、企業挨拶回りなど1年を通じて私的には一番忙しい時期となります。

     

    今月もたくさんの出会いがあり、心より感謝致しております。

     

    中でも、今週末は退職した派遣スタッフが集まり、「忘年会」をします。皆、気心知れた人達ですが、

     

    お誘いを受けることは非常に嬉しいことです。みんなと楽しく過ごせればと思っています。

     

    新しい出会いと、再会、両方を大切にしたいなと感じています。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • 「人生」と「働くこと」の相関性

    2016/12/18

    あなたはどういう人生を送りたいか?と問われたとき、咄嗟に答えることはできますか?

     

    その人自身の持っている価値観、理念、信条によって様々な答えがあるに違いありません。

     

    あなたの会社の存在価値は何ですか?私は答えることが出来ます。

     

    オーナー社長は会社の存在意義と人生の目的や信条が合致していることが大切なのではと思うのです。

     

    なぜなら、1日の時間の大半は「働いている」からです。何のために働いているか、何に価値を置いている

     

    のかを理解していないと、向上心を持って充実感を感じながら生きることは

     

    難しいのではないかと思うのです。

     

    私は常に関わる全ての人達に「喜んでもらうためにどうするか」を考えています。

     

    利益はあくまでも、「喜んで頂いた指数」と見ています。会社は社会に求められる価値を提供し続け、

     

    喜んで頂ける存在であり続けることが大切です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • 人工知能の凄さ!

    2016/12/12

    今週は今年一番の大忙しです~苦笑

     

    今日は京都でIOT(人工知能)について学習しました。恐らく10年後には

     

    今では考えられないような「働き方」が待っています。

     

    過激発言となりますが、例えば、営業マンを雇わなくて良い時代が来ます。ビッグデータによる

     

    解析が瞬時に行われ、企業と企業(個人と企業など)をマッチングする仕組みが出来上がります。

     

    日本は人口減に対応するために、IOTの更なる進化が進むでしょう。

     

    その頃には、僕はお爺さんになってるでしょうし、若い世代にお任せ!となっていることでしょう。

     

     

     

     

     

     

  • 教育って大事ですね。

    2016/12/02

    今年も残り1カ月となりました。先日東京で雪が積もり、冬があっという間に

     

    到来しましたね。12月は挨拶廻りや各種勉強会など、予定が盛りだくさんです。

     

    特に新しい人との出会いは、人材業を生業とする以上、非常に大切な仕事となります。

     

    今期(10月以降)は「働き方」を模索しながら実行しています。

     

    (政府も働き方改革を奨励してますね!)

     

    特に意識しているのが、「社員の教育」です。今のご時世、色んな価値観があります。

     

    例えば、昭和生まれと平成生まれでは、そもそも総体的に「価値観」が変わっていますので、

     

    会社としてのビジョン、方向性、を明確にし、社員に伝えることが重要だなと考えています。

     

    また、「皆が喜ぶ」ことを常に考えること。これは商売する上で非常に重要な「価値観」です。

     

    当社では、長年の人材ノウハウを駆使し、当社独自の教育プログラムを開発中です。

     

    「派遣+専門性+コンサル+教育」を磨き、お客様やスタッフに「喜ばれる」会社を目指し、

     

    絶え間ない努力を続ける決意であります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • 技能実習生、法案通過!

    2016/11/19

    さて、サブ本業である技能実習生の改正案が国会審議通過となりました。

     

    今回の目玉は「介護サービス」への解禁です。

     

    表向きは「介護技術を習得し、母国で活かす」なのですが、人手不足を補うには、外国人の労働力が必要

     

    ということなのです。日本語の学習は必須なのですが、技能実習制度はそもそも日本語習得が

     

    N4,N5レベルが限界なので、送り出し機関の日本語教育を強化しないと介護運営に支障を来す

     

    可能性があります。日本の監理団体は、送り出し機関に対し頑固たる日本語教育の強化をさせる

     

    施策が必要ですね。

     

     

     

     

  • 会長、学ばせて頂きました。

    2016/11/19

    先日、ある企業の会長とお話をさせて頂いたのですが、久しぶりに昭和の叩き上げの方と

     

    出会い懐かしさを感じました。たまたま幹部クラスの方数人が訪れ、会長の叱咤激励の凄まじさ!

     

    お歳を召されても、仕事の熱い情熱は素晴らしいなーと、感服致しました。

     

    「会長、パワーを頂戴しました」「パワーは自分で起こすものなんだよ」と言われる。

     

    これから新規事業の構想があり、推し進めて行くとのこと。

     

    事業への熱い思いは年齢に関係なく、いかに世のため人のためになることをやり遂げるか!

     

    ということなのでしょう。僕も負けじと頑張らねば!!

     

     

     

     

     

     

     

     

  • トランプが大統領に!

    2016/11/12

    トランプが大統領になりました。我が家では「トランプリン」と呼んでいます。

     

    実業家が大統領になることは、良いことだと思います。

     

    日本もそうあるべきですね。ビジネスでは、10しか収入が無いのに

     

    20を使い切ることはそう滅多とないのです。毎年国家予算は赤字なのに、赤字で平気な政治家は

     

    他人事なのです。ようは自分のお金ではないから、自分家のように考えられない。

     

    自分家が赤字なら、放ってはおかないでしょう。トランプも自分の会社が赤字ならそりゃ必死でしょう。

     

    アメリカを自分家のように考えられるかですね。どんな経営手腕を発揮されるか注目ですね。