ブログ

  • マーケティングは本当に大事!!

    2017/10/16

    フォークリフト派遣・請負

     

    株式会社スタンディング・オンの佐藤です。

     

    SNSはフェイスブックを中心に個人的にやっておりますが、求人や労働に関する投稿については

     

    どこさんも「いいね」があまり無いですね。特に会社として掲載している場合は、ホント少ないです。

     

    うちの契約しているコンサル会社は会員の結びつきが強いせいか、「いいね」はとても多いです。

     

    先日、初めてメルカリを活用したところ、来週1名面会になりました。こちら側からの

     

    アクションだったのですが、ビジネス上の相談でパートナーになれたらというところです。

     

    その方は、組立が得意そうで器用そうです。なので、スポット的に組立専門チームを結成できれば

     

    いいなと考えているのです。顧客のニーズもありそうです。

     

    そんなわけで、今私は、マーケティングを学び続け、そろそろ実行に移す段階に来ました。

     

    大きな声では言えませんが、「派遣会社の働き方改革」なるものの骨格ができそうです。

     

    これはまあまあ画期的な感じがします。一部気付いている会社もありますが・・・。

     

    それはまるで、私が学生時代に経験した「スポ根」野球から、科学的、理論的な野球に変わるかの

     

    ようです。今日、NHKで清宮、安田、中村のドキュメント番組を見て、ビジネスも同じだなと共感したと

     

    ころです。これからは求める人材の「質」についても、もちろん変わっていきます。

     

    日々、WEB、ITは進化を遂げています。今日という出来事が、明日には変わっています。

     

    個人的にですが、次の言葉で何をやるべきかピンとわかる人は、GOOD!!です。

     

    マーケティング、実際の時間給、貴方の本当の強み、ビジョン、レバレッジ・・・以上。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • 若いっていいね!勢いがある!

    2017/10/11

    フォークリフト派遣・請負

     

    株式会社スタンディング・オンの佐藤です。

     

    昨日は大阪で経営者の講演会に参加させて頂きました。会場は会社役員が200名程、

     

    大変な賑わいでした。私が一番に感じたことは、若手30歳代の経営者がこんなにたくさんいるのかと

     

    「驚き」と「将来の日本は安泰だな」と感じたことでした。私もまだ46歳、まだまだやれる年齢ですが、

     

    ふと、「将来の日本は安泰だな」なんて感じること自体、なんか歳取った人のセリフのようで、

     

    心の中で笑ってしまいました。

     

    その反面、うちの社員も30代幹部がいるのですが、「負けてたらアカンでしょ!」と感じたわけです。

     

    皆さんもご存じでしょうが、ケンタッキーのカーネルさんはたしか70歳位で起業したはずですが、

     

    何歳になっても「思考」「ポジティブな考え方」によって人生は変わるのだという信念を持ち続けること

     

    が大事ですね。最近マザーズなど上場した30歳代社長さんのパネルディスカッションで、

     

    生々しい話も聞けたけど、やはり「若さ」はいいね!勢いがある!そういえば私も30歳代は

     

    勢いにプラスして「鬼」だったな~苦笑  経営者にとって「丸くなる」は案外、敵なのかもしれない。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • 人材ビジネスの心がけ

    2017/10/08

    フォークリフト派遣・請負

     

    株式会社スタンディング・オンの佐藤です。

     

    普段、私は仕事にはとても厳しい方かなと思っています。厳しいと言っても、パワハラ的な意味では

     

    ありませんよ。仕事の追求度、例えば「報連相」にはとてもうるさいです。特に「予定」「行動」

     

    には、とてもこだわりを持っています。また人材ビジネスは、人と接する仕事なので「約束」「愛情」

     

    を持って接することをうるさいくらい言っています。よく例えて言うのですが、自分の家族だったら

     

    どうしますか?と。知らぬうちに、他人事になっていることが稀にあるのです。

     

    応募者の方への返事を忘れたりすることは、もってのほかです。私がいつもスタッフに対し心がけている

     

    ことは「家族ならどうするか?」「約束を守る」です。人は生きものなのですから、

     

    物事を忘れることはあって当然です。そのことを責めたりはしません。

     

    一番大事なのは「忘れないように工夫、準備したか?」なのです。

     

    それはどの仕事にも言えることだと思うのです。私は特別頭や記憶が良いわけではありません。

     

    だからこそ、「気配り」「準備」「予測」「忘れないようにサイボーズ!!」なのです。

     

    昨日、幹部社員を集めて社内勉強会を約1時間ほど実施し、そのあとご飯食べに行きました。

     

    みんな本当によく頑張ってくれています。健康で仕事に打ち込めるのはとても良いことです。

     

    「感謝、感謝」の気持ちでいっぱいです。

     

     

     

     

     

     

     

  • 衆院選挙の無責任解説3

    2017/10/07

    フォークリフト派遣・請負

     

    株式会社スタンディング・オンの佐藤です。

     

    希望の党の訳の分からない政策の一つ・・・「花粉症ゼロ」?????

     

    もうやめてくれ・・・もはやドリフになってるし。首班候補もろくなメンバーいないし、何か

     

    大坂の陣(豊臣と幕府の争い)の構図に似てると感じてるのは私だけだろうかな。

     

    小池さんが淀殿。浪人(元民進)をかき集め、江戸幕府(自公政権)をやっつけろ!!みたいな。

     

    真田や後藤など骨のある武将的なメンバーも不在・・・。どう戦うのかな。

     

    消費税10%凍結の代わりに、大企業の内部留保から課税する意味もどこの部分を言っているのかわかり

     

    ませんね。実際「内部留保」という勘定科目はないわけで、現金預金?設備?在庫?売掛金?

     

    利益剰余金?法人税を2回取る?などなど。また赤字の会社でも現金やその他資産はあるからね。

     

    必死で顧客や社員のために頑張っているのに、これでは起業家や独立志向の人達の夢や

     

    「希望」を奪ってはいないかい!!それと政策集やけど、「〇〇希望を」って洒落みたいに

     

    羅列するのがセンスないな。受けるとでも思っているのかい!!

     

    何かのニュースで大笑いしたけど、「立憲民主党」を「いっけん(一見)民主党」と言ってたよ。

     

    「ざぶとん10枚!!」

     

    あ、そうそう、私は超花粉症患者です。ぜひ、治せるもんなら治してくだされ。治ったら票入れるよ~笑

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • 衆院選挙の無責任解説2

    2017/10/02

    フォークリフト派遣・請負

     

    株式会社スタンディング・オンの佐藤です。

     

    言いたいことが積もり積もって爆発しています~苦笑 「第二弾、無責任解説」です。

     

    結果オーライなのですが、右派、左派の仕分けが出来つつあるのです~笑

     

    前原の自滅行動から始まり、右派の自民、希望、維新、左派の共産、社民、枝野、と。

     

    何か争点が「憲法改正?」になりつつある気配が・・・。ちょっと待ってください、政治屋さん。

     

    消費税10%はどこへやら。自民も何か影が薄くなってきている。どさくさに紛れて、名古屋の不倫さんが

     

    「離党して良かった!」と高々と正当化宣言。神戸の不倫さんもホッとしていることでしょう。

     

    いやいや一番ホッとしているのは「安倍さん」ですよ。あ~情けない、この体たらく。

     

    明治維新の命を懸けて国をおもい行動した若者を見習ってほしい!!もはやこの日本に

     

    本物の政治家はいるのだろうか・・・。坂本龍馬よ降臨してくれ・・・。

     

     

     

     

  • 衆院選挙の無責任解説です

    2017/10/02

    フォークリフト派遣・請負

     

    株式会社スタンディング・オンの佐藤です。

     

    衆院解散からドタバタ劇となっております。個人的に今回の選挙程、あ~情けないと感じたことは

     

    ありません。まず根っこはここだ。

     

    →「民進党が党全体一致での「希望の党」へのスライドに乗っかった!」

     

    プライドや理念、信念などお構いなし、当選するなら手段選ばず。政治生命貫くためなら、

     

    有力であろう仕官先をコロコロと変える。まるで浪人が仕官先を求めるが如く ですね。

     

    枝野も筋の良いこと言っているようだが、それは違うで。そもそも「希望の党に行ける」 と

     

    思ってた人なのだから。要は手のひら返され仕官先が見込めない・・・それが前原や小池への恨みつらみ

     

    となり、やむを得ず「枝野新党」を立ち上げ一戦報いるということにしか見えない。

     

    さあ、希望の党や枝野新党に仕官を求める浪人たちの顔ぶれが見物だ。しかし、これほど

     

    国民に背を向け馬鹿にした選挙はないなと感じているのは私だけだろうか。

     

    選挙には行くが、恐らくこう投票記入するだろう。「怒り心党」な~んてね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • 予定と行動結果(報連相)

    2017/09/27

    フォークリフト派遣・請負

     

    株式会社スタンディング・オンの佐藤です。

     

    「報連相」についてお話をします。仕事をしている人は「報連相」という言葉を知っているかと

     

    思います。しかし、その本質を知り、実践している人がどれくらいいるかというと、かなり少ないのでは

     

    ないかというのが私の実感です。会社オーナーにとって、実は「報連相」が一番重要なのです。

     

    なぜかといえば、報連相を疎かにすると、会社が良からぬ方向へ脱線してしまう恐れがあり、

     

    関わる全ての人達に対し、無責任な結果を生むことになりかねないからです。

     

    会社に所属する社員は大きく2つの仕事があると考えています。

     

    ①実際の行動 ②報連相 です。更に言えば ①予定 と ②その行動結果 です。

     

    これを基に判断し決断し実行するという流れになります。当社では、仕事の80%は「予定」、

     

    残りの30%は「行動」という考え方を持っています。予定が完成すれば、仕事の80%は達成なのです。

     

    これは、思考が現実化するトレーニングにもなるのです。ご参考までに。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • 私は社内転職をします!

    2017/09/11

    フォークリフト派遣・請負

     

    株式会社スタンディング・オンの佐藤です。

     

    最近、かなり涼しくなってきました。もう冬が来そうな気配さえ伺えます。

     

    今日はちょっとした設備投資(買い物)をしました。年内にHPを刷新するのですが、その為の

     

    当社の写真や動画を掲載するためのカメラや三脚などです。私も社員に教育する上で動画撮影を

     

    実施します。それなら、いつでもどこでも教育できますよね。

     

    性格的に出たがりではないので、映像に写ること自体ホントは嫌なのですが、世の流れ的に

     

    仕方のないことだと諦めました。

     

    人材サービス会社であり、なお出版社でなければならないのだから、やむを得ませんね。

     

    腹をくくって取り組みます。

     

    私は今後、偽カメラマン、偽演出家、偽俳優の道を歩むことになるでしょう~苦笑

     

     

     

     

  • 出世するタイプは

    2017/09/02

    フォークリフト派遣・請負

     

    株式会社スタンディング・オンの佐藤です。

     

    今日は、イシン株式会社の役員の方とお会いしました。新卒で入社して29歳という若さで出世され、役員

     

    として頑張っておられます。本当に頼もしいですね!出世する人というのは、私が思うに、やはりまず

     

    ①結果を出せる ②何かにつけて調整能力が長けている ③ある特定の技術がある

     

    この3点でしょうか。①は非常に深いところです。厳しさ、人望、育成力、発信力、営業力、誠実さ、

     

    粘り強さ、などなど。並々ならぬご苦労があることでしょう。

     

    若い時代は、当たって砕けろじゃないですが、積極的に動くことに尽きます。失敗から学び、

     

    次に繋げたらいいのです。私はまだ40歳代なので、まだちょっと動いていますが、立場上、砕けるわけに

     

    はいきません~苦笑 本当はもっと砕けたい!! いや、はじけたい!! です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • ヤル気スイッチについて

    2017/09/02

    フォークリフト派遣・請負

     

    株式会社スタンディング・オンの佐藤です。

     

    当社の社員や派遣スタッフもそうなのですが、40代、50代で工場の現場で働いてるスタッフが

     

    沢山います。これからの派遣会社は、生涯雇用することを前提に事業運営をしなければならないと

     

    思っていますが、今後ますます人工知能の技術が上がり、無くなる仕事、生まれる仕事が発生し

     

    昔の産業革命的な時代が来ること間違いなしです。各工場のIT化が進み、自動運転する工場が

     

    増えていくでしょう。そうなるとはじき出されるスタッフが出てくることに間違いはありません。

     

    そのスタッフは、その仕事しか出来ないのにですよ・・・。どうすれば、その仕事以外で

     

    ヤル気スイッチを入れられるかにかかっているのです。当社は、それを解決できる仕組みを

     

    準備し、更に進化させる義務があると考えています。ヤル気スイッチは何がきっかけで入るか・・・。

     

    それは、まず会社の「ヤル気」を打ち出すこと。ヤル気になれる環境や仕組みを提供することなのです。

     

    それをスタッフが、どう感じて「ヤル気」を選択するか・・・なのです。当社の未来の環境や仕組みは

     

    そういう意味で非常にニッチな方向に進んでいきます。ヤル気ある人が報われる会社にするのです。